ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
続、ヴァンヴの蚤の市。
そして出会う。
アンテナを伸ばし歩いていると相手がキャッチして呼んでくれる。
そんな瞬間を時々感じる。



続きを読む >>
| - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(97) | このページのトップへ
蚤の市。
フランスに降り立って三日目、寝坊...。
普段の寝坊とは違ってとても悔しい。
昨日、一昨日とパリ郊外に足を伸ばして
頭に心にガツン’と ジワット’とくるモノに触れた。
今日は土曜日、頭と心にそれとは違った‘今’を与えよう。
と、いうことでヴァンヴの蚤の市へ行くことに。

続きを読む >>
| - | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
パリ郊外の町、サンドニ。
パリからメトロで20分。
電車を降り、地上に向かう。

 眩しさに目を上げるとそこには‘青空’という空。
 耳に届くのは溢れる音。
 肌に感じるのは揺れ動く空気。
 
そんな空間に入った瞬間、前進したい衝動に駆られた。 

続きを読む >>
| - | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
サンドニ教会
2006年2月10日 サンドニへ。
地下鉄13号線Basilique de St.Denisで下車。
パリから約20分。
サンドニ教会2
紀元前一世紀にローマ人が住んでいた歴史ある町。
パリの初代司教サン・ドニがモンマルトルで斬首された後、
自分の首を運んできてここで息絶えたという伝説が残る。
その墓所跡に、歴代の王家一族が葬られているサン・ドニ大聖堂が建てられた。
(ガイドブック参照)

続きを読む >>
| - | 20:37 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
シャルトル大聖堂へ
ついに重い扉を開け中に入る。
なんとも不思議な光、空気。
神聖さを感じないわけにはいかない。

シャルトルのステンドグラス シャルトル内の彫刻 
 
続きを読む >>
| - | 23:10 | comments(11) | trackbacks(0) | このページのトップへ
シャルトル
2006年2月9日 シャルトルに行く。
国鉄・モンパルナス駅からシャルトル行きで約1時間10分。

シャルトルに着く頃、車窓から大聖堂の姿。
「ついに来てしまった。」そんな気持ち。

駅から街にでると人はまばらで静かな空気。
そこに高くそびえ建つ大聖堂。
シャルトル大聖堂
続きを読む >>
| - | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
フランス・ステンドグラスの旅
2006年2月8日ステンドグラスを見にフランスへ出かける。

モスクワ空等

初めてのフランス、行き帰り共モモスクワ乗換え。
上記写真は乗り換え場所、モスクワ空港。

東京からモスクワ、
上空から「これがロシアかぁ。」と思った。
雪に覆われとても寒そう。空港もトーンが低いよう。
そんな重たい雰囲気に興味が引かれます。



| - | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ